ゴキブリの幼虫が出た時のゴキブリ対策

ゴキブリの幼虫が出た時のゴキブリ対策

ゴキブリの幼虫は飛ぶ?

ゴキブリの幼虫が飛ぶと思っている方も多いですが、ゴキブリの幼虫は、まだ羽がしっかりと成長していないため、飛ぶことができません。

 

まだ成長途中のため運動能力も低く、成虫になったゴキブリのように速く動くこともできないため、退治することは容易です。

 

ただ、ゴキブリの幼虫を見失ってしまうと、成長の速度が速いため次に目の前に現れるときには成虫のゴキブリに成長している可能性があります。

 

成虫のゴキブリになってしまうと羽もしっかりしているため、もう飛ぶことができるよになってしまいます。

 

そうすると、退治するときに自分の方に飛んでくるということにもつながりますので、ゴキブリの幼虫が出てきたらすぐに退治をするようにしましょう。

 

ゴキブリの幼虫は動きも遅いので、ハエ叩きのようなものがあればそれで叩いて退治してしまうのがいいでしょう。

 

もし叩いて退治するのが苦手なら、ゴキブリスプレーを使っても構いません。

 

とにかく、逃がしたゴキブリの幼虫は必ず成虫になって出てきます。

 

その時には飛ぶ羽を持っているので、その前に退治してしまうようにしましょう。